2006年8月 2日 (水)

ビクトリーモデル 完成

~現在オークション出品しております。~終了しました。たくさんのアクセス、入札ありがとうございました。

Dsc_3475 お待たせしました。完成しました。いわゆるミリポリは4インチというイメージがあったのですが、5インチの方がいいですね。すらりと伸びたバレルとシンプルなグリップ部分など、力強い部分はまったくないですが、その『華奢』さがこのリボルバーの魅力だと思います。

 

Dsc_3476

反対側です。こちら側はもっとシンプルですね。グリップは、オリジナルのプレーンな仕上げの物では、ブルーイングには栄えないだろうと、薄く塗装しています。

 

Dsc_3480 これまた、シンプルなリアサイトです。グリップ後部にもセレーションなどはなく、ツルリとしています。ツルっとしてる方が、トイガンのブルーイングは見栄えがいいです。ただその分処理が面倒ですが。。。

 

 

Dsc_3481

バレル部分に寄ってみました。現在のS&Wリボルバーの社名表記などはフレーム右側にありますが、戦前戦中のモデルは、バレル上部にあります。ハートフォードさんのこのビクトリーモデルはこの辺をちゃんと再現してくれています。しかも刻印 が、絶妙な深さです。この時代はレーザー刻印 なんてなく、打刻の刻印 です。打刻すると、刻印 の周囲が盛り上がります。その盛り上がった部分を削ってブルーイングしているため、実銃でも刻印 は浅くなります。このHWS製ビクトリーもそんな雰囲気がでました。

 

Dsc_3485 サイドプレートのロゴマークもちゃんと残っていますので、再刻印 はしていません。こちらもちょうど良い深さなんじゃないでしょうか。再刻印 したM19のサイドプレートもありますが、太くて深いものより、浅くて細い方が似合っています。フレー下部先端の刻印 はあっさりしていますね。

 

Dsc_3483 別パーツ化したノッチと打ち込んだバレル基部のピンです。トリガー、ハンマーはケースハードゥンフィニッシュ風に仕上げています。

 

Dsc_3494

実銃の写真でよくありますが、スイングアウトしたカートリッジがフレーム部分に写り込んでします。プラスチックの モデルガンでもブルーイングしてあげると、ちゃんと再現可能です。

 

Dsc_3495 フロントサイトはターゲットサイトに変更しています。5インチの銃身とポリッシュブルーが、 ミリタリー 仕様のビクトリーモデルというというより、民生用のハンドエジェクターの雰囲気が出たと思います。構えたときもリブ付きもKサイトもついてませんから、マッチョなアメリカンではなく、とてもスリムで上品ですね。

 

Dsc_3493 ブルーイング派にとってはものすごく良い素材を提供してもらったと思います。ハートフォードさんこれからも頑張ってください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

ヴィクトリーモデル 細部検証~下地処理

Dsc_3452 中学生の時に初めて買ってもらったガスガンが マルシンのミリポリでした。当時リボルバー=良いモン””オートマチック=悪モン”というイメージがあったので、当然選ぶはリボルバーでした。ただ構造上実射性能は低く、しかも6連発なので、友達の”悪モンオートマチック”にいつも負けてしまう哀しきヒーローなのでした。

と昔話はさておき、今回はハートフォードさんの『ビクトリーモデル』。これをブルーイングすることにします。ガスガン全盛のこの時代、新しい モデルガンの製品化はかなりうれしいです。この次はちゃんとした『M15』を出してください。(でも出してくれなさそうだから、M15の2インチを作る予定をしています。テーパードバレルじゃないので作りやすそうです。)

ただこのモデルは、M19の古い金型流用のため細部は甘いです。とりあえずその辺の検証をしてみます。

Dsc_3458_1 ヨーク部分には『MOD19-4』の文字。M19の流用ですね。

サイト・・・『Kサイト』が付く部分に固定サイトが後付けされており、継ぎ目が分かります。

バレル固定ピン・・・このピンはモールドですが、輪郭はぼやけてしまっています。

フレーム上のシリンダーストップノッチ・・・このノッチもM19のままですので、エグレが非常に気になります。

シリンダーストップノッチは、M19の場合は外観上気になるというだけで、その役目はちゃんと果たしていました。しかしこのビクトリーモデルではちょっと話は違ってきます。

 

York

NochカウンターボアードのM19はシリンダーとフレームのすき間はほとんどありません。しかしビクトリーモデルはこの部分にカートリッジリム厚のすき間があります。その分シリンダー後部が短かくなっています。それにもかかわらず、フレーム側のスイングアウトしたシリンダーを止めるためのノッチは、M19流用のためシリンダー全長の長いままの位置にありますから、スイングアウトしたときに写真のように、ヨーク部分とフレーム部分にすき間が発生し、シリンダーが前後に大きく動いてしまいます。作動上は全く問題ありませんが、スイングアウトというリボルバーの魅力が半減、せっかくの限定モデルでも興ざめです。これを防ぐには、シリンダー側が定位置で止まるようにノッチを延長しないといけません。その前に、ほとんどの方がご存じでしょうけど、リボルバーのおけるこのノッチの役割を少し。

カウンターボアードの場合・・・カートリッジリム部分おもシリンダー内におさめる加工です。リムが入る部分をえぐってありますので、カートリッジを装填したシリンダーを横から見れば”ツライチ”です。そのためシリンダーを押さえるノッチは『1段』あればいいことになります。手元にあるコンバットマガジン(98年12月号)のイチロー・ガナタ氏のコンバットマグナムもノッチが削られています。

非カウンターボアードの場合・・シリンダーにおさまるのはカートリッジ胴体部分のみです。リム部分はシリンダー後面にのっかるようになります。カートリッジを装填したシリンダーを横から見ると、シリンダーからカートリッジのリム部分が飛び出しています。そのため、ノッチはシリンダーを押さえる部分とカートリム部分をよける削り込みが必要になりますのでノッチは2段になります。  

Dsc_3442 理屈はこれくらいにして、さっそく作業です。製作途中なので汚いですが、この問題のあるノッチを別パーツ化したところです。フレームを円形状にくりぬき、同じくHWS製のHW樹脂からノッチの形に削り出します。(写真は荒削りの終わったところ)

 

Dsc_3451 これまた製作途中の汚い画像ですが、さっきのノッチをフレーム打ち込んだところです。シリンダーがちゃんと固定され、前後に大きく動くことはありません。このノッチは写真のように、シリンダー側の1段目でシリンダーを固定しています。ただこのままでは、カートリッジを装填したときにシリンダーが回りませんので、カートリムの厚さ分の削り込みを入れます。この厚さがノッチの2段目となるのです。

 

Dsc_3457 その他に気になるところで言えば、バレル固定ピンです。小さい突起ですが、研磨の時の邪魔になりますので、あらかじめ削り取ってしまいます。その後1.5ミリのピアノ線の頭を丸め打ち込みます。

 

Dsc_3449 ピンを打ち込んだところです。ホントに小さいことですが、これだけでリアルになります。ちなみにフロントサイトはターゲットサイトにしています。サイトを鋭角にすることで、スラリと伸びたロングバレルが引き立ちます。

 

フレーム部分はブルーイングが終わりました。写真撮影後アップします。なかなか美しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BOB CHOWカスタム | BRETTA M84(マルシンモデルガン) | Browning Hi-Power(タナカ:ガスガン) | Browning Hi-Power(マルシン:モデルガン) | COLT GOVERNMENT NATIONAL MATCH(CAWモデルガン) | COLT GOVERNMENT(MGC:モデルガン) | COLT M1911 COMMERCIAL(WA:ガスガン) | Colt M1911A1(マルシンモデルガン) | COLT PYTHON 357 4inch(タナカモデルガン) | COLT PYTHON 357 6inch(タナカモデルガン)_ | Colt PYTHON 3inch(タナカモデルガン) | ENFIELD POLICE(マルシンモデルガン) | S&W M10 2inch(HWS VICTORY4inch改) | S&W M13 3inch(コクサイ:モデルガン) | S&W M15 2inch(HWS:モデルガン) | S&W M15 6inch(HWSモデルガン) | S&W M19 2.5inch(HWSモデルガン) | S&W M19 4inch(金属モデルガン) | S&W M19 4inch(HWS:モデルガン) | S&W M19 6inch(HWS) | S&W M29 6.5inch(タナカ:ABSモデルガン) | S&W M29 6.5inch(タナカ:HWモデルガン | S&W M29 6.5inch(タナカモデルガン+メタルパーカー) | S&W M29 DEVIL(コクサイモデルガン) | S&W M36 2inch(HWS:モデルガン) | S&W M36 3inch(HWS:モデルガン) | S&W M36 Ladysmith(モデルガン) | S&W M439(マルシン:モデルガン) | S&W M586 4inch(マルシン:モデルガン) | S&W M586 6inch(マルシン:モデルガン) | S&W VICTORY 2inch(HWSモデルガン) | S&W VICTORY 4inch(HWSモデルガン) | S&W VICTORY 5inch(HWSモデルガン) | SIG-P210(マルシン:ガスガン) | SMITH&WESSON M19 4INCH(HWS) | SMYTHON 4inch(ハートフォード:モデルガン) | WALTHER P38 com.(マルシン:モデルガン) | WALTHER PPK/S(マルシン:モデルガン) | WALTHER PPK(マルシンカスタム:モデルガン | WALTHER PP(旭工房カスタム:モデルガン) | お知らせ(雑記) | 刻印しました | 動画 | 連絡はこちらへ・・・