2008年8月16日 (土)

ディテールアップ、586

Dsc_0049またまた586です。今回は先日より再販された4インチのキットモデルをベースに製作しました。実銃写真と比べて気になる箇所をディテールアップしました。

Dsc_0045参考にした実銃写真は、リアサイトの左右調整用ビスのナット部分の中心に穴があいていました。実銃では脱着用の専用工具があるのでしょうか。 ちょうどHWSのKサイトは同様の形状であり、サイズも同じだったので、移植しております。

ハンマーノーズも平べったい形だったものを先端を円柱状に成型しました。

Dsc_0055   モデルガン では省略されているハンマーノーズブッシングも再現しました。フレームを円柱状にえぐり、HW 樹脂 板で製作したブッシングを取り付けています。

Dsc_0052先日より再販された586の S&W エンブレムは、線を間引きされたものがついています。ああんなのなら付いていない方がマシなのですが、今回も切削し刻印 を打ち直しています。

Dsc_0063 グリップは今や貴重な コンバット タイプの実銃用です。今回のものもオーダー品ですが、依頼者の方からの細かな資料とともに依頼いただきました。

その資料をみると、実銃にもいろいろな仕様あることがわかります。とっておきの1丁にするためには、まずは資料集めが重要なことを再認識しました。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

マルシンモデルガンM586-4インチ~フィンガーチャンネルグリップ~

Dsc_4974_2 久しぶりの更新となりました。ご無沙汰してます。

今回もお客様からのご依頼品の マルシン586です。しかも美しいグリップがついています。大きな木目がフィンガーチャンネルの断面に浮き出てホントに綺麗です。

Dsc_4971_3 もちろんですが、省略されていないSWのロゴマークです。複数の586をブルーイングしていますが、この マルシン586は最初から綺麗に刻印 されており、作業するの際も、安心感があります。ブルーイングすると刻印 のエッジも磨かれるため、適度な深さと太さの方が美しく見えます。

このフィンガーチャンネルグリップはブルーイングが栄えるグリップです。指の大きさが合わないと握りにくいですが、ブルーイングして鑑賞するにはもってこいですね。Dsc_4973_3

トリガー・ハンマーはケースハードゥン風仕上げです。Dsc_4982_3

フロントサイト及びバレル上部~フレームトップはマットブラック仕上げです。

Dsc_4975_2 HW樹脂部分は黒染めし、リアサイトは、マットブラックに塗装してあります。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

ワルそうな。。。モデルガンM586-4インチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

モデルガンS&W M586完成

Dsc_4661_3 

●ワルそうな586

また586です。ブルーイングした  モデルガン には、ゴンサロ・アルヴェスの木目のきれいなグリップが似合うと思います。おそらくブルーイングされてる人はほとんどが何らかの木グリを付けて楽しんることだと思います。もちろん私もその例外でなく、せっかくのブルーイングを美しく見せようと、きれいなグリップを付けて喜んでいました。

でも。。。

ちょっと違う姿も見てみたい。飽きたわけじゃないけれど。

と、ラバーグリップをつけてみました。

どうでしょ?これはまた違った趣きだと思いませんか。

木グリ付きのものが優等生なら、ラバグリップ付きのは不良少年といったところでしょうか。

Dsc_4650

仕様は、前回のとまったく同じです。とくに変更箇所はありません。ちなみにこれもリアル刻印 のモデルです。

Dsc_4651_1  マルシン586にリアル刻印 が打刻されていたものは、製造されてからずいぶん経っています。経年変化によりエジェクターロッドが赤茶色に変色していました。通常はエジェクターロッドはそのままにしておくこと多いのですが、今回は研ぎ出した後塗装しています。

Dsc_4653

Dsc_4658

トリガーとハンマーはレインボーフィニッシュ。通常のケースハードゥンより色んな色が出ていると思います。

というわけで、再び586の登場でした。

Dsc_4012

お待たせしました。ようやく完成です。先週は帰宅が遅く、作業ができない日が多かったのですが、それを差し引いても時間がかかってしまいました。研磨などは普段と変わりませんが、染めの作業に特に時間がかかってしまいました。写真はサイドプレート側ですが、SWロゴのみを残し、SPGの刻印 だけを削りました。
Dsc_4024 今度はサムピース側です。バレルトップのマットブルーとポリッシュブルーのコントラストが良い具合です。この写真ではわかりにくいですが、光を反射させてたときには、もっとコントラストがはっきりします。
Dsc_4018 カートリッジが38SPLですが。。。背景がブラックだとホコリがうるさいので、次からは通常通りの写真です。
Dsc_3994 グリップはご依頼者の私物です。日本で手に入る実銃グリップは、散々撃たれて後に銃からはずされ結構ダメージがあるものが多いのですが、このグリップはミント状態のように綺麗です。
Dsc_3993 反対側です。
Dsc_3995 バレル~フレームトップはマットブラックに染めていますが、Kサイトのみ塗装です。リアサイトは実銃でもボディと質感が違うので、ポン付けでもいいかと思いました。しかし、 マルシンの亜鉛パーツは巣の入ったものが多く、今回のようにきちんと仕上げられた他の部分と比べるとアラが余計に強調されるため、セレーション部分を精密ヤスリで目立てて各部を面出ししたあと塗装しています。
Dsc_3997 エジェクターロッドの先端にご注目。これはご依頼者から教えてもらったのですが、初期のものはこの先端部分のチェッカーが細かいのだそうです。手持ちのものはチェッカーが荒く、気にはなっているものの『こういうもの』とあきらめていましたが、初期ロットはこうなってたんですね。
Dsc_4004 最初は、その質感と表面積ゆえに時間がかかるだろうから、尻込みしていましたが、仕上げてみるとセクシーな表情に一変します。リアル刻印 か否かで相場が変わると思いますが、ベース銃価格の割に、作業のし甲斐がある  モデルガン と言えます。何よりリボルバーはポリッシュしてしすぎということもありませんので、頑張って仕上げるのにはもってこいの素材と言えます。

ちなみに今回紹介した仕様での参考価格は、ブルーイングのみで58,000円となっています。(ベース銃は含みません。)ご依頼時の納期や作業内容などの詳細はメールにてご相談下さい。※バレル、シリンダーのインサート加工品(いわゆる『プロップ加工』してあるものはお受けできかねます。ご了承下さい。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

モデルガンS&W-M586 7割終了

Dsc_3981 今回もブルーイングご依頼品です。前回のエンフィールドは行き先は未定ですので、依頼品を優先的に作業しています。ベースは比較的初期の頃に販売されていた マルシンの586です。販売の途中からは、SWの刻印 が変に間引きされたものに変更されましたが、この刻印 がくせものです。彫りが深いので刻印 を消すとなると、シルエットが変わってしまうくらい削らないとダメなのです。でも今回ご提供頂いたベース銃はそんな心配も手間もいらないリアル刻印 (一部 マルシンの文字がありますが)のものです。

Dsc_3970 この マルシン586を初めて見たときは『木炭』みたいと思いました。全体のイメージも極太ですので、余計に『木炭』に思えたんでしょう。きれいなマット塗装なら、『あぶ刑事』586みたいでそれなりにカッコが付くんでしょうけど、湯じわの上から塗料を吹いているため、お世辞にもそんなこと言えません。また、この年代の実銃SWリボルバーでもブルーイングが主流ですので、それに少しでも近づくようにブルーイングしてあげたいものです。

Dsc_3975 Kサイトの付いているSWリボルバーはエイムしやすいように、フロントからリアサイトまではマットブラックに処理されています。この586も依頼者のご希望で、フレームトップ、バレルトップはマット仕上げに黒染めしてあります。以前取り上げた439のスライドトップは塗装で仕上げましたが、今回のものはブルー液で処理してあります。

Dsc_3978 一見未処理のシリンダーとサイトの質感の区別が付きにくい写真ですが、面出ししエッジを立てた後に黒染め処理しています。(Kサイトはまだですが。)ハンマー、トリガーはケースハードゥン風処理、HWSのよりはパーティングラインの処理がしっかりしているため、多少は作業が楽です。(あくまで多少ですが。)

Dsc_3979  マルシンのHWは青く染まりやすいと言われたりしますが、通常光ではそれ程でもありません。光線状態によって大きく変わるので、一概に色のことは言えませんが。残りはヨークとシリンダーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BOB CHOWカスタム | BRETTA M84(マルシンモデルガン) | Browning Hi-Power(タナカ:ガスガン) | Browning Hi-Power(マルシン:モデルガン) | COLT GOVERNMENT NATIONAL MATCH(CAWモデルガン) | COLT GOVERNMENT(MGC:モデルガン) | COLT M1911 COMMERCIAL(WA:ガスガン) | Colt M1911A1(マルシンモデルガン) | COLT PYTHON 357 4inch(タナカモデルガン) | COLT PYTHON 357 6inch(タナカモデルガン)_ | Colt PYTHON 3inch(タナカモデルガン) | ENFIELD POLICE(マルシンモデルガン) | S&W M10 2inch(HWS VICTORY4inch改) | S&W M13 3inch(コクサイ:モデルガン) | S&W M15 2inch(HWS:モデルガン) | S&W M15 6inch(HWSモデルガン) | S&W M19 2.5inch(HWSモデルガン) | S&W M19 4inch(金属モデルガン) | S&W M19 4inch(HWS:モデルガン) | S&W M19 6inch(HWS) | S&W M29 6.5inch(タナカ:ABSモデルガン) | S&W M29 6.5inch(タナカ:HWモデルガン | S&W M29 6.5inch(タナカモデルガン+メタルパーカー) | S&W M29 DEVIL(コクサイモデルガン) | S&W M36 2inch(HWS:モデルガン) | S&W M36 3inch(HWS:モデルガン) | S&W M36 Ladysmith(モデルガン) | S&W M439(マルシン:モデルガン) | S&W M586 4inch(マルシン:モデルガン) | S&W M586 6inch(マルシン:モデルガン) | S&W VICTORY 2inch(HWSモデルガン) | S&W VICTORY 4inch(HWSモデルガン) | S&W VICTORY 5inch(HWSモデルガン) | SIG-P210(マルシン:ガスガン) | SMITH&WESSON M19 4INCH(HWS) | SMYTHON 4inch(ハートフォード:モデルガン) | WALTHER P38 com.(マルシン:モデルガン) | WALTHER PPK/S(マルシン:モデルガン) | WALTHER PPK(マルシンカスタム:モデルガン | WALTHER PP(旭工房カスタム:モデルガン) | お知らせ(雑記) | 刻印しました | 動画 | 連絡はこちらへ・・・