2011年12月27日 (火)

タナカのコルトパイソンをブルーイング-その2-

Sdim0577_2
ついにタナカのHW樹脂モデルガンコルトパイソンのブルーイングが完了しました。
コルトパイソンというとその質感は「ロイヤルブルー」と称されますが、この質感をHW樹脂で再現しようとすると結構時間がかかってしまいました。
HW樹脂トイガンへのブルーイングは、樹脂に含まれる金属だけを染める訳ですから、金属をブルーイングするのとは品質に差が出ます。
鉄をブルーイングした「ロイヤルブルー」とHW樹脂へのブルーイングでは差が出て当然です。
その品質をなるべく近づけるためには、含まれている金属を表面にできるだけ露出させ、それを壊さないように慎重に磨き上げ、荒れないように適切な濃度のブルー液を使用する必要があります。
今回のパイソンは、これら工程の一つ一つに時間をかけ、「ロイヤルブルー」の名に恥じないようにブルーイングしました。
Sdim0578_2
刻印は浅く、研磨で消えてしまいそうでしたので、刻印し直しています。
筒状の物に大きな文字を刻印するのは、結構手間がかかりました。
同じくらいの形状のテスト材を用意し、角度や深さなどをテストしてから刻印しています。

Sdim0582_5
タナカのモデルガンでは省略されていました「VP」マークですが、これも再現しました。
今回も様々な実銃画像をあたりましたが、このVPマークも色々なパターンがあるようです。
また実銃ではグリップ前にアルファベットの刻印がありますが、今回は「Vincent」の「V」の文字を彫り込みました。


Sdim0583_2
パイソンはハンマー以外のパーツは本体と同じブルーフィニッシュ。ハンマーのサイドのみポリッシュ仕上げです。
今回は亜鉛合金のハンマーを磨きっぱなしにしています。
そのままだといずれ酸化して濁ってしまうため薄くコーティングしました。
パイソンのシリンダーは、S&Wと違いのフルート部分は、滑らかに磨き出されています。
今回は研磨用ナイロンパッドを使って、エッジを適度に落としています。

Sdim0584_2
実銃のパイソンは、バレルのこちらサイドにコルトのアドレス表記があります。
モデルガンではメーカーであるタナカの社名が打刻されていましたので、実銃通りに刻印しました。
このアドレス表記もバリエーションが数種類ありました。


Sdim0591_2
シリンダーのスイングアウトです。M19やM586のシリンダーと比べると、ずいぶんずんぐりとしています。
シリンダーインサートの位置の都合上、357マグナムのダミーカートは入るかどうか微妙でしたが、ギリギリで装填できました。

Sdim0593
2ヶ月にわたって作業してきましたが、時間をかけた甲斐があって「ロイヤルブルー」に恥じない仕上がりになったと思います。
S&Wの都会的なスタイルとは違って、野暮ったくも感じますが、エッジが落とされ曲面の多いコルトパイソンの方が、ブルーイングが映えるなと感じました。
これに味をしめて3インチもいつかブルーイングしたいと思っています。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

タナカのコルトパイソンをブルーイング-その1-

久しぶりの更新になってしまいました。すみません。
もちろん作品作りは着々と進めています。
今回と次回(←まだ先になりますが)は、リボルバーのロールスロイス「コルト パイソン」の登場です。
今までブルーイングできるパイソンのモデルガンは、MGCのがありましたが、作動は良く少し大柄なイメージがありました。
これまではパイソンのブルーイングというと、このMGCパイソンだったわけですが、より正確な形状が再現された昨今のモデルガンに慣れてしまうと、もう少しリアルなモデルガンが欲しいと思ってしまいます。
タナカがガスガンとしてパイソンを出していましたし、ブルーイングもできたのですが、ガスガンだとちょっと触手が動かなかったです。

そんな中タナカがついについに、ブルーイングできるパイソンのモデルガンを出してくれましたよね(といってもだいぶ前になりますが...)。
ラインナップも3、4、6インチと来て、2.5インチが来てほしいところなんですが、先に販売されていたガスガンではなかったので、望みは薄そうですね。
小学校1年生のときに初めて買ってもらったトイガンが、パイソンの2.5インチだったので、30年経ってもう一度その時を思い出したいものです。

さて、それではタナカパイソンを見ていきましょう。

Sdim0170_5

ブルーイングしますのでまずは完全分解します。
パイソンはシンプルな構造かと思っていましたが、結構たくさんの部品があります。
これはプラスチックでできたトイガンだからでしょうか。
手慣れたS&Wのリボルバーよりも、パーツ点数は多いかと思います。

Sdim0171_2

こちらはあんまりさわらないパーツ群です。
でも外部に露出してしまうインナーフレームは残念ですが、トイガンなので仕方ありません。
見える部分はちゃんとブルーイングします。

Sdim0172_2

こちらは刻印、ブルーイングされるパーツ群です。

Sdim0173_2

バレルの刻印部分です。曲面への刻印はなかなか手間がかかるので元刻印を生かしたかったのですが、研磨で消えてしまうくらいの薄さでした。刻印し直します。

Sdim0174_2

実銃は跳ね馬は薄く刻印されてますので、元刻印でも大丈夫かなとも思いましたが、やはり中途半端に残ってしまっては格好悪いので、刻印し直します。

Sdim0176_2

本来バレルのこちらサイドはコルトのアドレス表記ですが、トイガンは「タナカ」の表記です。
こちらも実銃同様に刻印し直します。

今回パイソンのブルーイングモデルガン作成にあたって、実銃の写真を多く見ましたが、結構バフダレしているものが多かったです。
ただ、フレーム上部の切り落とし部分などはシャープですし、なかなか品よくまとめるのは難しそうな印象ですね。
でも、やっぱり「ロールスロイス」の名に恥じないような作品に仕上げたいですね。
がんばります。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BOB CHOWカスタム | BRETTA M84(マルシンモデルガン) | Browning Hi-Power(タナカ:ガスガン) | Browning Hi-Power(マルシン:モデルガン) | COLT GOVERNMENT NATIONAL MATCH(CAWモデルガン) | COLT GOVERNMENT(MGC:モデルガン) | COLT M1911 COMMERCIAL(WA:ガスガン) | Colt M1911A1(マルシンモデルガン) | COLT PYTHON 357 4inch(タナカモデルガン) | COLT PYTHON 357 6inch(タナカモデルガン)_ | Colt PYTHON 3inch(タナカモデルガン) | ENFIELD POLICE(マルシンモデルガン) | S&W M10 2inch(HWS VICTORY4inch改) | S&W M13 3inch(コクサイ:モデルガン) | S&W M15 2inch(HWS:モデルガン) | S&W M15 6inch(HWSモデルガン) | S&W M19 2.5inch(HWSモデルガン) | S&W M19 4inch(金属モデルガン) | S&W M19 4inch(HWS:モデルガン) | S&W M19 6inch(HWS) | S&W M29 6.5inch(タナカ:ABSモデルガン) | S&W M29 6.5inch(タナカ:HWモデルガン | S&W M29 6.5inch(タナカモデルガン+メタルパーカー) | S&W M29 DEVIL(コクサイモデルガン) | S&W M36 2inch(HWS:モデルガン) | S&W M36 3inch(HWS:モデルガン) | S&W M36 Ladysmith(モデルガン) | S&W M439(マルシン:モデルガン) | S&W M586 4inch(マルシン:モデルガン) | S&W M586 6inch(マルシン:モデルガン) | S&W VICTORY 2inch(HWSモデルガン) | S&W VICTORY 4inch(HWSモデルガン) | S&W VICTORY 5inch(HWSモデルガン) | SIG-P210(マルシン:ガスガン) | SMITH&WESSON M19 4INCH(HWS) | SMYTHON 4inch(ハートフォード:モデルガン) | WALTHER P38 com.(マルシン:モデルガン) | WALTHER PPK/S(マルシン:モデルガン) | WALTHER PPK(マルシンカスタム:モデルガン | WALTHER PP(旭工房カスタム:モデルガン) | お知らせ(雑記) | 刻印しました | 動画 | 連絡はこちらへ・・・