« タナカモデルガン、パイソンを刻印、ブルーイングしました。 | トップページ | タナカモデルガン S&W M29-6.5inchハリーマグナムブルーイング »

2014年6月18日 (水)

タナカモデルガン ディテクティブスペシャルブルーイング

めでたいこと、そうでないこと色々ありましてしばらくブログをサボっておりました。
前回が昨年の9月末ですので、9ヶ月!近くも空けてしまいました。
ようやくモデルガンを染めたり彫ったり再開です。

今回はタナカのモデルガン、コルトディテクティブスペシャルです。

Dsc_1137

ディテクティブスペシャルを最初に意識したのは、中学生の頃。
当時は同じくタナカでガスガンが出ておりました。
エジェクターロッドシュラウドがついた、ヘビーバレルの3rdモデルでした。
こちらも欲しかったのですが、すでにマルシンのミリタリーアンドポリスを買ってもらっていたのでおもちゃ屋で指をくわえてみていた記憶があります。
その次は北野武監督のその男、凶暴につき
こちらではMGCローマンをベースにしたずいぶん大柄なディテクティブが使われていました。
北野武が尋問するときに、男の口に銃口を押し込むシーンが強く印象に残っています。


その次はホビーフィックスから金属モデルガンが出ていましたね。

これが出た頃はモデルガンへの興味を失っていましたので、スルー。


復帰後、タナカのガスガンでやっとまともなディテクティブを手にすることができたのでした。

その後、モデルガン化→HW樹脂化でやっとブルーイングまでできるようになったのでした。

それでは細かく見ていきましょう。

Dsc_1126

バレルの刻印は、タナカのものを生かすつもりでしたが、研削により薄くなりましたので、再度刻印です。
バレルは筒状でさらに根元がテーパードしており、またこのテーパードの角度がきつい。
こういうところは地味ですが、刻印しにくいところであります。
また、「DETECTIVE SPEC.」の文字が中央よりやや上部にオフセットしています。
このあたりも位置あわせがシビアとなります。

Dsc_1131

こちら側にはコルトのアドレス表記があります。
反対側と違って、こちらは案外ラクです。

Dsc_1134

見にくいかも知れませんが、リアサイトからフレームの上部はセレーション加工しております。
あじゃさんのディテクティブでおなじみですが、筋目やすりで仕上げています。
ハンマーノーズもタナカのものは金属板を打ち出しただけですので、それらしく整形しました。
ランパントコルトのマークもやや上に刻印しなおしました。
トリガーガード周りのプルーフマークはいつもどおりです。

Dsc_1141

タナカのリボルバーはサイドプレートが金属製のものが多いです。
このディテクティブも亜鉛合金。
金属なので、磨くほどに鏡面になりますが、樹脂部のブルーイングと艶を揃えています。

Dsc_1139

スミスアンドウェっソンは横から見たときどちら側も華があります。
その点コルトは地味ですね。
それがコルトリボルバーのかっこよさでもあります。

ディテクティブスペシャルはモデルガンとして、昔からまともなものがなく不満を抱いていました。
今回の作品を製作することでようやくその不満が解消された気がします。

Dsc_1121


|

« タナカモデルガン、パイソンを刻印、ブルーイングしました。 | トップページ | タナカモデルガン S&W M29-6.5inchハリーマグナムブルーイング »

コメント

うわーっ!これまた凄い!~大好きなDTが美しく変身~
いかにもモデルガンのカートというリム部分がなければ本物と何も違わない存在感!最近チーフをブルーイング挑戦しましたがリボルバの難しさを身を持って痛感しました。
フロントサイトとか直線と曲線のつなぎ部分はどのように研磨されているのでしょうか?切断して後付け?
いつかご教示下さいませ

投稿: hajime | 2014年6月22日 (日) 11時51分

hajime さん

コメントありがとうございます。
小さいリボルバーは案外難しいですよね。
研磨のとき保持が難しいですし。
その点Kフレームの4インチあたりがちょうど良い大きさかなとも思います。
細かいところは折りたたんだサンドペーパーで研磨しています。
曲線と直線のつなぎ目は、曲線部分を仕上げてから平面部分ですね。
そのほうがエッジが立ちやすいような気がします。
切断して後付はブルーイングでは、境目が目立ちますので、塗装仕上げのときだけやってます。

投稿: ビンセント | 2014年6月22日 (日) 23時19分

今回もまた息を呑む美しさ!
亜鉛パーツとの色の違いも全く分かりませんし、この透き通るようなブルーは塗装では出せません・・・

サイドプレートの元のお馬さんですが、消えるまで削り込まれているのでしょうか?
S&Wのアドレス刻印なども元のをどうやって消しているのか、ずっと不思議に思ってまして…(;^_^A

投稿: あじゃ | 2014年6月23日 (月) 00時21分

あじゃさん
あじゃさんの素晴らしいディテクティブをアメカジさんから見せていただきました。
ニードル刻印も目を皿のようにして見ましたけど、点と点を繋げてるとは思えない滑らかさ‼︎
もはや刻印機不要です。

元刻印は全部削り取ってます。
もともとディテクティブはサイドプレートの方がフレームよりちょっと高いので、刻印を落としてつじつまが合う感じですね。
S&Wのロゴは大きいのでちょっと大変なのと、形が若干変わります。
特にマルシンのM586はくっきり入ってますので、その分薄くなってしまいます。
深いといっても0.5mmもないでしょうから、それほど目立ちません。
労力を省くためにCAWのガバみたいな刻印も入ってないのが欲しいんですねどね。

投稿: ビンセント | 2014年6月23日 (月) 00時47分

>アメカジさんのディテクティブ

恐れ入ります! ビンセントさんにそう言って頂けるなんて光栄です♪
ただ、あのバレル刻印は元の刻印を追い彫りしただけでして、
手彫りしたのはトリガーガードのところくらいだったと記憶してます(;^_^A

>元刻印は全部削り取ってます。

や、やはり・・・S&Wなどは右側面全部、リコイルシールド部を残して研削するんですね。
想像しただけで気絶しそうです・・・

投稿: あじゃ | 2014年6月23日 (月) 21時53分

アメカジです。
ビンセントさんのDTは本当に美しいんですよね。
あの独特なスチールブルーに鋭利なエッヂ。
まさに貴婦人。

そしてあじゃさんのDTも劣らず凄いんですよね。
こちらは、妖艶なんですよ。ゾクゾクします。
同じDTでも表現が変わると、印象もここまで変わるとは。

おふたりには、感謝しております。

投稿: アメカジ67 | 2014年6月23日 (月) 23時19分

あじゃさん

ニードル刻印は究極の刻印方法ですね。
機械だとサイズが大きすぎたり厚すぎると刻印できません。
直観的にできて私もあじゃさんくらいの腕があれば、そちらに切り替えます。

S&Wサイドプレートのロゴマークはどこのも案外薄いです。
アドレス部分が深いのが多いですね。
時間短縮のため240番のサンドペーパーで水研しています。
でも、削り取れたと思っても研削の終盤で浮き出てきたりしてなかなか進まないこともあります(^-^;

投稿: ビンセント | 2014年6月25日 (水) 18時14分

アメカジ67さん

あじゃさんのは以前から実物を見られたらと思っておりました。
想像以上の存在感に圧倒されました。
素晴らしいです!

投稿: ビンセント | 2014年6月25日 (水) 18時18分

写真もまたブルーイングと同じで、美しいですね、実物を見て触れた私は幸せ者です。

初めて、手袋をして触ったモデルガンです、
私は過去にトイガンを手袋して触るなど想像も出来ませんでした。

しかし、ビンセントさんとあじゃさんのカスタムを目の前にして、
美しさのあまり、とても素手では触れない!というほど感動しました。

印象深く記憶に残る体験でした、キングコブラをバラバラにしそうになった時は、心臓止まるかと思いましたよ。

あの時は、イロイロとありがとうございました。

投稿: sirokuma | 2014年7月 1日 (火) 01時27分

sirokuma さん

夏にいただいたコメントに大晦日のレスで申し訳ありません。
ブルーイングも素手で触っても大丈夫なのですが、綺麗に磨いてあるとどうしても皮脂が気になってぬぐってしまいますね。
本当は素手で触ってひんやりとした感触も感じてもらいたいのですけれど、その後のことを考えると、手袋をしてしまいますね。
あっ、でも皮脂の分泌の少ない冬なら素手でも大丈夫かもしれないです。

今年は皆さんとお会いして心に残る一年になりました。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

投稿: ビンセント | 2014年12月31日 (水) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105165/56533023

この記事へのトラックバック一覧です: タナカモデルガン ディテクティブスペシャルブルーイング:

« タナカモデルガン、パイソンを刻印、ブルーイングしました。 | トップページ | タナカモデルガン S&W M29-6.5inchハリーマグナムブルーイング »