« 2012年9月14日 | トップページ | 2012年11月18日 »

2012年9月15日 (土)

タナカパイソンモデルガンで初期型を再現~その2~

Dsc02325_3
さて、前々回に引き続きタナカのモデルガンで再現した初期型パイソンです。
今回もブルーイングで仕上げています。
今までパイソンは2.5、3、4インチがかっこいいと思っていたんですが、今回の初期形を製作するに当たっていろいろ調べるうちに、その印象が変わりました。
M586と同じくすらりと伸びたバレルは美しいですね。
昔のGUN誌のページを繰り、当時とは違った新鮮な感覚で読み返していました。

Dsc02327_2
今回も刻印はすべて打ち変えています。
タナカのパイソンモデルガンは3インチはそうでもないですが、4、6インチともに刻印が浅く消すのは楽ですね。
モデルガンではバレルのこちらサイドにはタナカのアドレスが入っていますが、実銃同様タイプライター文字で刻印しなおしています。
製作に当たって実銃画像をずいぶん集めましたが、バレルの刻印位置についてはバラバラで法則性は見出せませんでした。
今回はモデルとなる写真がありましたので、位置はそちらに倣いました。

Dsc02330_3

これが前々回の記事で紹介しましたリアサイトです。
バレル~フレームトップはマット塗装で仕上げています。
ブルーイングしてからマスキングして塗装しますので気を使いますが、この処理でブルーイングが引き立ちますし、シャープな印象になります。
塗料は伽ロムショットのブラックスチールをエアブラシに詰め替えて使用しています。

Dsc02332rear

リアサイトを横から見たところです。
少し角度をつけていますが、もう少しビスをねじ込むとツラ一になります。
ついでにセレーションを除去したシリンダーラッチも確認できます。

Dsc02331
マズル部分も実銃では仕上げにばらつきがあります。
つや消しになっていたり、ブルーイングされていたり。
今回はモデルに倣い、ほかの部分と同じブルーイング処理をしました。
タナカに限らずモデルガン、ガスガンではこういった仕上げの部分は金型でエンボス加工がされています。
粗い仕上げがあまり好きではないので、削り落としてブルーイングしたり塗装したりするわけですが、この加工が深く結構削り込みが必要です。

Sdim0061

トリガーガードのVPマーク、グリップ付近のイニシャルは「Vincent」のVを刻印しました。
イニシャルはブルーイング後に打刻しています。

Dsc02336
今回モデルにしたシリアル466番です。
1956年3月5日出荷と資料にあります。
これは2012年製のモデルガンですが、実銃は今から54年も前のモデルですね。
ヨークとフレームのこちらも上記イニシャルと同じくブルーイング後に打刻しています。

Dsc02335
シリンダーをスイングアウトした状態です。なかなか美しいです。

Dsc02333
ブルーイングは、光線状態を変えることにより印象がガラリとかわります。

Sdim0062_3

というわけで初期型パイソンいかがでしたでしょうか。
HW樹脂ってのはすごい素材です。
子供の頃、青黒く光るパイソンに憧れていましたが、ようやく4、6インチをモデルガンで製作することができました。
次は3インチを製作ですね。
こちらも思い入れのあるモデルです。
がんばります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2012年9月14日 | トップページ | 2012年11月18日 »