« 2011年8月16日 | トップページ | 2011年12月21日 »

2011年11月15日 (火)

タナカのコルトパイソンをブルーイング-その1-

久しぶりの更新になってしまいました。すみません。
もちろん作品作りは着々と進めています。
今回と次回(←まだ先になりますが)は、リボルバーのロールスロイス「コルト パイソン」の登場です。
今までブルーイングできるパイソンのモデルガンは、MGCのがありましたが、作動は良く少し大柄なイメージがありました。
これまではパイソンのブルーイングというと、このMGCパイソンだったわけですが、より正確な形状が再現された昨今のモデルガンに慣れてしまうと、もう少しリアルなモデルガンが欲しいと思ってしまいます。
タナカがガスガンとしてパイソンを出していましたし、ブルーイングもできたのですが、ガスガンだとちょっと触手が動かなかったです。

そんな中タナカがついについに、ブルーイングできるパイソンのモデルガンを出してくれましたよね(といってもだいぶ前になりますが...)。
ラインナップも3、4、6インチと来て、2.5インチが来てほしいところなんですが、先に販売されていたガスガンではなかったので、望みは薄そうですね。
小学校1年生のときに初めて買ってもらったトイガンが、パイソンの2.5インチだったので、30年経ってもう一度その時を思い出したいものです。

さて、それではタナカパイソンを見ていきましょう。

Sdim0170_5

ブルーイングしますのでまずは完全分解します。
パイソンはシンプルな構造かと思っていましたが、結構たくさんの部品があります。
これはプラスチックでできたトイガンだからでしょうか。
手慣れたS&Wのリボルバーよりも、パーツ点数は多いかと思います。

Sdim0171_2

こちらはあんまりさわらないパーツ群です。
でも外部に露出してしまうインナーフレームは残念ですが、トイガンなので仕方ありません。
見える部分はちゃんとブルーイングします。

Sdim0172_2

こちらは刻印、ブルーイングされるパーツ群です。

Sdim0173_2

バレルの刻印部分です。曲面への刻印はなかなか手間がかかるので元刻印を生かしたかったのですが、研磨で消えてしまうくらいの薄さでした。刻印し直します。

Sdim0174_2

実銃は跳ね馬は薄く刻印されてますので、元刻印でも大丈夫かなとも思いましたが、やはり中途半端に残ってしまっては格好悪いので、刻印し直します。

Sdim0176_2

本来バレルのこちらサイドはコルトのアドレス表記ですが、トイガンは「タナカ」の表記です。
こちらも実銃同様に刻印し直します。

今回パイソンのブルーイングモデルガン作成にあたって、実銃の写真を多く見ましたが、結構バフダレしているものが多かったです。
ただ、フレーム上部の切り落とし部分などはシャープですし、なかなか品よくまとめるのは難しそうな印象ですね。
でも、やっぱり「ロールスロイス」の名に恥じないような作品に仕上げたいですね。
がんばります。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月16日 | トップページ | 2011年12月21日 »