« 2010年1月3日 | トップページ | 2010年2月1日 »

2010年1月 8日 (金)

実銃の雑誌に掲載されました

残念ながら、日本の雑誌ではありません。

AMERICAN HANDGUNNERという雑誌をご存じでしょうか?

こちらの、3,4月号に私の作品が掲載されました。(小さくですが。。。)

Americanhandgunner_2

最新号が無料で読めますので、お時間のある時に読んでください。(テキストは問題ありませんが、画像は圧縮され見づらいです。)

~以下、日本語訳です。~

本当でしょうか。

新品の1911に見えます、いやそのように感じるでのですが、そうではありません。

信じられないかもしれませんが、これはプラスチックのレプリカ、といっても、とても特別なものなのです。

日本の「ピストル職人」のヴィンセントさんは、日本のエアーソフトガンと  モデルガン に秘伝のレシピ、技術、そして彼の魔法をかけ、他に類をみないブルーイング仕上げを製作しています。

彼らは日本では実銃を所持することはできません。

これは、特殊な高比重樹脂でできたウェスタンアームズのコルト1911ガスブローバックピストルです。

シリアルナンバーは「C1031」で、完全なオリジナルの複製として刻印 (コルトのロゴも)されています。

トリガー、セフティ、そしてスライドレリースは、オリジナルと合うように別にブルーイングされています。

すばらしい仕事ですが、ここアメリカに来ないで欲しいですね。

この銃の誇らしい所有者フランスのジョナサン・マーマン、そしてすばらしい写真家に感謝します。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2010年1月3日 | トップページ | 2010年2月1日 »