« レディスミス~2丁揃い踏み~ | トップページ | 今日も作業はつづく »

2007年5月17日 (木)

ワルそうな。。。モデルガンM586-4インチ

|

« レディスミス~2丁揃い踏み~ | トップページ | 今日も作業はつづく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105165/6447549

この記事へのトラックバック一覧です: ワルそうな。。。モデルガンM586-4インチ:

« レディスミス~2丁揃い踏み~ | トップページ | 今日も作業はつづく »

Dsc_4661_3 

●ワルそうな586

また586です。ブルーイングした  モデルガン には、ゴンサロ・アルヴェスの木目のきれいなグリップが似合うと思います。おそらくブルーイングされてる人はほとんどが何らかの木グリを付けて楽しんることだと思います。もちろん私もその例外でなく、せっかくのブルーイングを美しく見せようと、きれいなグリップを付けて喜んでいました。

でも。。。

ちょっと違う姿も見てみたい。飽きたわけじゃないけれど。

と、ラバーグリップをつけてみました。

どうでしょ?これはまた違った趣きだと思いませんか。

木グリ付きのものが優等生なら、ラバグリップ付きのは不良少年といったところでしょうか。

Dsc_4650

仕様は、前回のとまったく同じです。とくに変更箇所はありません。ちなみにこれもリアル刻印 のモデルです。

Dsc_4651_1  マルシン586にリアル刻印 が打刻されていたものは、製造されてからずいぶん経っています。経年変化によりエジェクターロッドが赤茶色に変色していました。通常はエジェクターロッドはそのままにしておくこと多いのですが、今回は研ぎ出した後塗装しています。

Dsc_4653

Dsc_4658

トリガーとハンマーはレインボーフィニッシュ。通常のケースハードゥンより色んな色が出ていると思います。

というわけで、再び586の登場でした。

  • リンク

    • オラガバニスト
      あじゃさんのサイトです。素晴らしい塗装のテクニックをお持ちで、製作されるトイガン作品はブルーイングと同等あるはそれ以上の存在感があります。形状のカスタムや手彫りでのプルーフマークの再現なども。かっこいいです。
    • hajimeのなんちゃかかんちゃか
      新しいモデルから懐かしの古いトイガンまで幅広く取り上げられています。ブルーイングにも取り組まれていて試行錯誤の経過は参考になります。
    • GUNボックス
      yukinoriさんのサイトです。私と同じくトイガン再開組です。再開されると以前よりのめり込んでしまうのは皆さん同じですね。(もちろん私も...)
    • 蒼いか…?
      トイガンのブルーイングがメインのvolvoさんのサイトです。試行錯誤してブルーイングしているところはどのカスタマーも同じですね。参考になります。
    • 悪戦苦闘絵日記2
      kin​gda​m9-​9さんのブログです。確かな技術と造形手法により箱出しのトイガンが化けます。その技術には脱帽です。
    • モデルガンミュージアム・偽レーサーT写真館
      素晴らしいトイガンのコレクションを見ることができます。写真の腕もかなりのものです。膨大なコレクションを撮影した素晴らしい写真とその量はものすごく見応えがあります。また、このサイトに集う人々のトイガンのコレクションもまさに垂涎モノです。
    • G.Smith.S(ジー.スミス.エス)
      カスタムトイガンを販売しているショップです。管理人もここのブルー液を愛用しています。
    • QUESTO!!
      よしむねさんのブログ。トイガンのレストアから塗装・ブルーイング、フィギュア、その他もろもろ。個人的にはレストアとケース(箱)作成が気になります。
    • 極私的・気まぐれ趣味ブログ
      トイガンに限らず”大人な”コレクションがいっぱいのブログです。
    • nanchan作業日記
      塗装とブルーイングによって仕上げられた素晴らしい作品の数々。作業途中の写真も豊富でとても参考になります。