«  マルシン ハイパワー 研磨の仕上げ | トップページ | ハイパワー ブルーイング完了 »

2006年6月20日 (火)

グリップ

Dsc_3144初めて、Kフレームの実銃グリップを手に入れました。それなりに使用感のあるものですが、迫力はトイガン用とは違います。ただ、もっといい素材を使っているのかなぁとも思っていたのですが、意外にもニス仕上げです。実銃ハイパワーのグリップもこれと同じようなので、これをお手本に作業していきます。

ココボロとか目が詰まった比重の重い木材の場合は磨いてオイルを塗る方が高級な感じで仕上がります。ところがマルベリーのハイパワーグリップは、材質不明の美しくない木材なので、塗装して艶を出すことにします。イメージはギターの表面。

ギター塗装に狂ってる時期がありました。今回のグリップの塗装もそれに準じたやり方でいきます。本当なら目止めの作業が必要ですが、面積も小さいですし、めんどくさいので、塗料自体で維管束を埋めてやります。

Dsc_3125_1 320番のペーパーでとりあえず表面をならします。その後ニスを薄く塗り→乾燥→薄く塗る。これで1日目は終了です。2日目は400番のペーパーがけをさっとします。このペーパーがけのとき、ペーパーがけされた表面は白くなったり、気の地肌が見えますが、維管束の中は塗料の艶が残っているはずです。でもこの状態ではまだまだです。またニスを薄く塗り→乾燥→薄く塗る。写真はこの段階まで済んだ状態です。

この後同じ作業を2回ほど繰り返しますと、維管束は塗料で埋まり、コンパウドで磨いても地肌が見えない厚めの塗膜になり、表面は平滑になります。しかし、まだ塗装表面を爪で軽く押すと、凹みます。これは乾燥が完了していない証拠ですので、2週間ほど乾燥させます。ちなみに乾燥してない状態で磨くと白くクモります。完全乾燥後コンパウンドでひたすら磨くと、高級感あふれるグリップの完成のはずです。

|

«  マルシン ハイパワー 研磨の仕上げ | トップページ | ハイパワー ブルーイング完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105165/2297831

この記事へのトラックバック一覧です: グリップ:

«  マルシン ハイパワー 研磨の仕上げ | トップページ | ハイパワー ブルーイング完了 »